診療案内

ここでは歯科診療の代表的なものを少しだけご紹介させていただきます。

一般歯科

虫歯の治療

虫歯の進行

 

C1~C2の虫歯が対象です。レジン樹脂や金属を詰めます。 C2~C3の虫歯が対象です。金属やセラミックを被せます。 自費診療になってしまうことが多いのですが、白く目立たない治療法もあります。

 

虫歯になってしまったところを削ってその虫歯の大きさによってレジン樹脂・セラミック・金属などの 詰め物・被せ物を装着します。必要最小限の切削量で治療するよう心がけています。

 

根の治療(歯内療法)

根の治療は家にたとえると基礎工事です。白い高額な被せ物をしても、根の治療が悪いと最良の治療結果が得られないこともあります。とても大切な治療のひとつです。

 

根の先までキッチリお薬を詰めることが大切です。

 

根の先に薬が入っていないために 細菌が骨にまで到達しています。

 

  根の先までキッチリお薬が入って 骨の病巣も治っています。
根の治療をした歯は削って 被せないと黒く変色したのが 目立ちますが   被せずにホワイトニング という方法もあります。

 

歯周病の治療

 

 

歯周病の治療の基本は、なんといってもスケーリング(歯石除去)です。 その他に「咬み合わせの調整」「歯周外科」、先端医療では「再生療法」などがあります。

 

予防歯科

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

日々のお手入れで隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、 汚れがたまりやすい所など 磨き残しが出来てしまいます。 それは専門家の我々ですら同じで、磨き残しは必ずあります。その磨き残し・歯石の クリーニングを歯科衛生士が専門的な器械を使って行うことをPMTCと呼びます。

 
当院の清掃のプロフェショナルたち   専門の器具を使います

 

 

3DS(Dental Drug Delivery System)

PMTCでキレイになった歯に抗菌剤やフッ素などの薬液を、専門の装置(マウスピースのようなもの)を使って より効果的に塗布する方法です。キレイな状態をより長く維持するとともに、歯質の強化、歯周病原菌の減少を はかります。

マウスピースに薬液ジェルを 盛ってお口に装着します。  

 

 

小児歯科

大人でも決して居心地のいい場所ではない歯医者さん。お子様にとってはさぞかし心の負担が大きいのでしょう…。 私たちもお子さんに泣かれて治療に困ったことが何度もあります。無理やり抑えての治療は あまり好きではありません。それでも時には心を鬼にして治療を進めないといけないことがあります。 外傷で歯が抜けてしまった時や、歯茎が腫れて今晩痛くて寝ることすらできなくなるだろう・・・と思われるときです。 こういう時いつも思います「この子がもう少し歯医者さんに慣れていてくれれば・・・」。 そうならないためにも、日頃から定期的にメンテナンスに通われ歯医者さんの雰囲気・使う器具類などに慣れておく ことが大切だと思います。少子化の時代です。自治体からのバックアップもあり、お子様の通いやすい環境にあると 思います。日頃からのメンテナンスにぜひ通ってください。

4歳のお子さんですが いつも「おりこうさん」です。 虫歯は一本もありませんが 定期的に来院されています。

「虫歯がないけど歯医者さんに通う」

「歯医者さんに通っているから虫歯がない」

すべての患者様がそうとはならないのですが…

私たちが考えるこれからの歯科診療のひとつの理想形です。

 

口腔外科

主に親知らずの抜歯を行います。 口腔粘膜の病気(腫瘍など)を発見した場合は 速やかに提携医療機関をご紹介します。

親知らずはまっすぐに生えないことが多いです。

 

 

矯正歯科

歯並びが悪いということは単に見た目だけの問題ではないのです。そのままにしておくと、虫歯・歯周病にも なりやすく、結局のところ、何かしら他の歯科治療が必要となってくることが多いです。しかしそれに気づくのは 40~50代になって、歯の喪失の危機を迎えてから…。

矯正治療は大きく分けると治療を開始する時期により2通りの治療法に大別されます。

 

・顎骨が発育途中にある幼少期(混合歯列期)に行う「小児矯正・咬合誘導」

 

・顎骨の成長がとまり永久歯が生えそろってから行う「成人矯正」

術前   術中   術後

 

矯正治療において「治療を開始する時期」というのはとても大切なポイントです。 しかし、その多くは患者様それぞれの歯列の特徴・顎骨の発育状況などにより異なります。 適切な開始時期を逃さないためにも、歯並びが気になる方はどうかお早めにご相談ください。

 

 

インプラント

私が歯科医師になりたての頃(12年前)はインプラントも賛否両論ありました。治療法が確立された今では インプラントを否定する歯科医師は少なくなってきています。その分より精度の高い治療が求められます。

 

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

 

健康な歯を全く削ることなく、歯の内部分にインプラントを入れます。

針金付きの入れ歯ではなく、歯の内部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます。

数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

 

ブリッジ・義歯が無くなってしまった歯を、他の歯の負担を大きくすることで治療しているのに対しインプラントでは歯そのもの(人工歯根)を増やすことができるので、他の歯の負担は軽くてすみます。これは我々専門家にとって画期的な出来事なのです!!

 

・前歯一本欠損の症例

術前   術中   術後

 

・全顎にわたる インプラント症例

 
術前   術後   レントゲン写真

 

年齢の「齢」という字は「歯」の「令」(めいれい)という意味から成り立っています。 古来、年を重ねるごとに歯を喪失していくことから、先人たちはそう名付けたのでしょう。 それに対して、インプラントはまだまだ不完全な形ではありますが歯の喪失を元に戻す ことのできる画期的な治療法です。 いわば、唯一の「時計の針を逆戻しにできる」治療方法なのです。

 

 

審美歯科

審美歯科というとオールセラミック・ホワイトニングなどが代表的ですが、まずは一般診療(虫歯・根の治療・ 歯周病の治療など)これらを高いレベルでこなし、できることであればインプラント・小規模な矯正(MTM)など を併用し、歯並びをよくして、その上でいかに自然に見える綺麗な被せ物を被せるかという事にあると思います。 審美歯科とは、もてる技術・知識すべてつぎ込んだ、私たち歯科診療の目指すべき最終目標なのです。

 

 

診療内容は多岐にわたり、また専門的な内容も多く、ホームページではご紹介するのが 難しいことも多いです。気になることがあれば、どうぞお気軽にご質問ください。 キーワードをネット検索するのもいいかと思います。 ネット上では、多くの先生方が心血を注いで丁寧に説明されています。ぜひご参照ください。